--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ニュースブログへ

2009-03-04(Wed)

もち賞味期限を2カ月偽装 山形の食品会社に行政指導

IZA!より引用。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/227005/
もち賞味期限を2カ月偽装 山形の食品会社に行政指導

山形県三川町の食品加工販売会社「竹原田ファーム」(斎藤勝洋社長)が、もち製品の賞味期限を最大約2カ月も偽装表示し、首都圏のスーパーなどに販売していたことが1日、分かった。同社は自主回収を進めており、現時点では健康被害の報告はないという。

記事本文の続き 竹原田ファームによると、昨年9月から12月に製造した「白丸もち」「白切りもち」「玄米もち」「草もち」「黒豆もち」「白スライス餅」「玄米スライス餅」の7種類、計約7700パックについて、本来90日間の賞味期限を最大60日引き延ばして表示した。

 山形県庄内保健所は食品衛生法に基づき、同社に適正な表示をするよう指導した。

 斎藤社長は「在庫がなくなるのを心配して故意にやってしまった。申し訳ない」と話している。(以下略)



この記事の興味深いのは、「改善指導」である点。行政処分の公的な発表は「(改善)指示」「(是正)勧告」である場合だ。通常「指導」ならば具体的な企業名は出さないのだが、今回は何故か出てきた。
このような事がどうして起こるのだろうか?
私は「指導」であった際も、企業名を発表してほしいと思っている。だがしかし、現状からすれば、竹原田ファームは発表されているので不平等だと思う。
にほんブログ村 ニュースブログへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

食品偽装ドットコム 管理人

Author:食品偽装ドットコム 管理人
食品偽装ドットコムと連動したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。