--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ニュースブログへ

2011-01-03(Mon)

グルーポンのおせちが失敗したあまりにも単純な理由

新年、明けましておめでとうございます。
昨年は、いろいろと忙しく、ここ半年ほどほったらかしにしていてゴメンナサイ!!!

今年はきちんとやっていくことにします。

さてさて、新年早々、グルーポンのバードカフェおせち騒動。やってくれましたね。
本件は詐欺的行為につながる可能性があるなら、当ブログで扱うネタとして適切なんだけど、実情はそうじゃないと思うけど、記事にしてみた。

さてこの騒動、実に単純な理由ではないかと推測してる。

被害を受けた人の意見を総括してみると、こんな感じ。
・期日に届かなかった
・見本と実物にあまりにも乖離がある(中身がスカスカ)
・料理が傷んでいる
・品数も33品のはずが25品しかない


まったくひどいとしか言いようが無い。途中でどうして中止の白旗を上げなかったんだろう。このおせちを送れば、どうなるかは、予測できたはずだ・・・

この騒動のカギ。
・バードカフェ
・おせちの食材
・25品しかなかった
・グルーポンでの販売は11月末

 私はこう推測している。

 グルーポンは、グルーポンが日本に上陸しブレイクして初めてのお正月。おせち料理の企画をどうしても実施したかった。ところが、グルーポン担当者はどこへ依頼をしても断られたはず。なぜなら、11月はおせち関連の食材の手配ができる時期は終了しているのだ。

 そして散々断られたあげく、バードカフェにたどり着く。強引になんとかやってほしいとごり押し、バードカフェが応じてしまった。バードカフェって何よ?老舗の仕出し店か?

 通常、おせちの食材は、高級なものほど、早めに予約発注するのが仕出し店では常識。概ね8月~9月でほとんど完了。日本中の胃袋が一度に求めるタイミングであることと、高級な食材を何種類も用意しなくてはならない事。たとえばアワビの入ったメニューだったら、おせち1000個作って、1個足りない、なんてことになってはマズい。そのため、早くから食材の手配をしておく必要がある。

 つまり、11月末にいきなりやったところで、間に合うわけがない。だから、25品になって中身がスカスカ。ね、あまりにも単純な理由でしょ。

 不勉強で無知なグルーポン側と、おせちの受注の経験不足のバードカフェが合意したのが悪夢の始まり。
 店側も相当悪いけど、最初から騙すつもりはなかったのではないかと思う。おせちの製造を単純に、甘く考えていただけではないかと思うね。

 グルーポン側の担当者、上長、社長も。この人たちの頭の中は「なんでもコンビニ感覚」になってないか?部下に無理を命じたなら、グルーポンの組織的責任は免れないと思う。

 グルーポン。いつかは大きな騒動になるんじゃないかと思ってたけどね。
birdcafe_osechi.jpg
にほんブログ村 ニュースブログへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

全くおっしゃる通りです。自分は日本料理の調理師ですが、ひとつ見解が違うのは最初から騙すつもりがあったのでは…と自分は思うのです。何故なら写真撮影用のサンプルを作り原価計算をした時点で、このおせちが¥10500で売ることができないのは明白だからです。輸入の冷凍で粗悪な食材を使ったとしても人件費等の諸経費を考慮すれば赤字が出るのは明白だからです。そおでないとすればサンプルは作らずどこかの写真の転載で原価計算もせずという信じがたい経営状態のどちらかです。今回のことは別としても食品偽装は罰則が低すぎると思います。ラベルの張替えで本来価格の倍で売れ、バレたら改善指導だけでは黙認してるのと同じですね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

食品偽装ドットコム 管理人

Author:食品偽装ドットコム 管理人
食品偽装ドットコムと連動したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。