--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ニュースブログへ

2010-07-01(Thu)

セイワフード、大福、そしてヨコレイ うなぎロンダリング

朝日新聞より引用

台湾ウナギ1.8トン、国産と偽装 卸大手セイワフード

2010年6月18日3時24分

 ヨコレイ(横浜冷凍、横浜市)は17日、全額出資子会社でウナギ卸売り大手のセイワフード(東京)が、輸入した台湾産ウナギの冷凍かば焼きを国産と偽装して販売していたと発表した。昨年9月から今年5月にかけて少なくとも約1.8トン(約1万2千食分)を、関西の卸売業者3社に売っていたという。

 ヨコレイとセイワフードによると、事務や経理の効率化を進めるなかで判明した。15日にセイワフードの営業担当常務が偽装表示を認めたため、この常務を17日に解任。食の安全への関心が高まるなか、台湾産ウナギが売れにくくなったため、人気の高い国産として販売したとみている。国内の加工業者に国産用の箱に入れ替えるよう命じていたとされるが、常務は「自分1人の判断でやった」と話している。

 取引先は公表しておらず、国産ウナギのかば焼きとしてスーパーなどに出回り、すでに消費されている可能性が高い。

 セイワフードはウナギの専門商社として1984年に設立され、業界では大手の一つ。2009年8月期の売上高は82億円。親会社のヨコレイは東証1部上場で、09年9月期の連結売上高は1113億円。



まず、関係各所のリンク。
東京都のリリース
近畿農政局のリリース
セイワフードのホームページ
ヨコレイ
大福(ネットシヨップ)

今回の首謀者は、どうやらセイワフードの営業担当常務ということになりそうだ。東証一部上場企業の全額出資子会社となれば、連結どころか、ヨコレイそものもの、と言っても過言ではないだろう。
ヨコレイの推進する効率化の中で発覚し、結果、自主申告したという。調査結果なんて言ってるだけでホントはどこまでどうだったかなんてだれにもわかりはしない。上場企業ならば、対株主という意味で説明責任もあるから、とりあず信用度は高いと言ってもいいかもしれない。

一方の大福。「言うことを聞かないと取引停止してもいいんだぞ」などと言われた可能性も考えられる。もしそうだとしたら、気の毒な気がするね。少なくとも主従関係はドチラが主だったか、言うまでもないだろう。

大福のホームページ見ると、阪急百貨店の地下商店街にテナント出してるんだね。関西は、電鉄系の百貨店のパワーが圧倒的に強い。東京では有名な松坂屋・伊勢丹などは人気が高くないのだ。特に阪急・阪神のデパチカにお店を出せるというのは、ある意味「ステータス」な事ともいえる。そのような立派な会社の偽装行為だったということだ。

そういえばもう7月。土用の丑の日ももう近い。
にほんブログ村 ニュースブログへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

食品偽装ドットコム 管理人

Author:食品偽装ドットコム 管理人
食品偽装ドットコムと連動したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。