--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ニュースブログへ

2010-05-09(Sun)

廃棄すべき豚カツ用豚肉を調理し販売、別の横浜市内2店舗も/コープかながわ

コープかながわハーモス荏田店で行われていた豚肉の転用。他のコープでも発覚との報。

あらかじめ断っておく。本件は賛否両論。批判も多いことを承知したうえで記事を書く。

神奈川新聞(カナコロ)より引用

廃棄すべき豚カツ用豚肉を調理し販売、別の横浜市内2店舗も/コープかながわ
2010年5月8日

 生活協同組合「コープかながわ」のハーモス荏田店(横浜市青葉区)で、本来は廃棄するカツ(国産豚肉)を使いカツ重などにして販売していた問題で、ユーコープ事業連合(同市港北区)は8日、新たに横浜市内2店舗も売れ残った豚カツ用豚肉を調理し、計207枚販売していたと発表した。

 コープかながわのほか、静岡、山梨両県の生協が加盟する同事業連合の内部調査で分かった。「コープしずおか」の3店舗でも同様に計173枚販売していたという。

 横浜市内で新たに問題が発覚したのは桜台店(青葉区)と竹山店(緑区)。2店とも3月28日のセール「大感謝祭」で売れ残り、廃棄すべき豚カツ用豚肉を冷蔵保存し、翌29日に調理して店頭に並べた。桜台店は合計175枚、竹山店では32枚を販売したという。

 コープかながわは、具体的な再発防止策が決まるまで、店内調理を行っている県内42店舗の総菜コーナーの営業を自粛する。

 同連合の内規では、売れ残った豚カツ用豚肉などは廃棄することになっているが、今回、新たに問題を起こした総菜担当者は「もったいないと思った。(内規は)分かっていたけどやってしまった」と話しているという。

 同連合は問題を起こした店舗が拡大したことに対して「全体管理に甘さがあった。このような事態になり、心からおわび申し上げる」とあらためて陳謝。その上で、現場担当者らへの食品衛生管理マニュアルの順守の再徹底と再教育に努め、「再発防止に向け、衛生管理で抜本的な改善を進めたい」としている。



騒ぎすぎ。
食品衛生法違反やJAS法違反に該当したわけではないし、実害も判明していない。
適切な衛生管理の上で再利用したのであれば、何ら問題はないと思うのだ。
食品の無駄は社会問題にもなっており、むしろ積極的に取り組んでほしいくらい。

で、一体何が問題なんだ?内規違反か?
内規違反ならば社内処分。社内だけで解決すべき問題だ。
消費者に対してお詫びすることは、率先してやるのは自由だけど、絶対に必要なことではないと思うね。

食品の廃棄量が多い事案では、マスメディアは廃棄がなぜこんなに多いのかと、世界では食に困っている国もたくさんあると、声を高くするだろう。

前回の記事で指摘した問題点は、豚肉を再利用し消費者から苦情があったのに、あたかも衛生管理を適正に行ったかのように、行政に対しウソの報告をしていた事だ。

新たに発覚した店舗も、もし、行政に対しウソの報告を行っていたのなら、大騒ぎする必要がある、と思う。
にほんブログ村 ニュースブログへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

食品偽装ドットコム 管理人

Author:食品偽装ドットコム 管理人
食品偽装ドットコムと連動したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。