--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ニュースブログへ

2009-03-16(Mon)

秋田丸魚 ロシア産を茨城産に シジミ産地偽装

露産を茨城産に シジミ産地偽装で改善指示

 IZA!より引用
2009/03/13 22:02更新

 ロシア産のシジミを茨城県産と表示して販売したなどとして、秋田県は13日、水産物卸売業秋田丸魚(秋田市)に対し、日本農林規格(JAS)法に基づき、改善を指示した。

 同社は、鮮魚部の男性部長代理(51)が1人で偽装したとし、石黒功一社長が「監督不行き届きだった。申し訳ない」とコメントした。

 県によると、秋田丸魚は昨年10月から今年1月にかけ、シジミの納品書に茨城県産とうその記載をしたほか、口頭で青森県産や茨城県産と説明するだけで、少なくとも6.6トンを秋田県内の業者に販売した。

 県は1~3月に任意で8回、同社に立ち入り調査した。


 1人で偽装をしたらしい・・・信じる人手ぇ挙げて~~!

 「昨年10月から今年1月にかけ」というのは、おそらく調査で判明した期間と思われる。それ以前にも偽装を行っていたのではないかと考えるのが自然だろう。

 それと、この量。シジミ6.6トンってどれくらいの量なんだろう。かなりの数量だし、普通じゃない。
 楽天で活しじみ500g=950円というのを見つけたので、この価格に合わせて計算すると、

 シジミ6.6トン=1,254万円分が、たった4ヶ月間で偽装されたまま流通されたことになる。

 短期間にこれだけの量。「1人で偽装した」という説明には無理があるように思えてならない。
 そうはいっても「申し訳ない」とコメントしているからなのか、記事を書いた記者のツッコミのなさにも不満。

 詳細を確かめようとして、秋田県のホームページへ見に行ったら、該当リリースは見当たらない。
 どうなってるんだろう。秋田県はもしかすると、比内地鶏の偽装を忘れたのではあるまいか。
にほんブログ村 ニュースブログへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

TBありがとうございます

この度は小生のつまらないブログにTBありがとうございます。
今回のシジミ偽装報道についてはなんらかの力が加わっている事が推測されるに足る報道です。
地元のTVニュースでもローカル放送で一般ローカルネタ程度に扱われ、地元新聞に至っては写真すらなく、裁判員制度の記事の方が大きく出ております。
比内地鶏の前例から「秋田ブランド」を守りたいが為に何とか穏当に済ませたい。と言う思惑がありありで、消費者を蔑ろにしているソノ態度こそ『大問題』である事にすら気が付いていない連中(?)ですから…

アポロ計画と同じで「月に何度も行ってると」なんらインパクトが無くなり、注目されなくなるんです(*´・д・)(・д・`*)ネー

プロフィール

食品偽装ドットコム 管理人

Author:食品偽装ドットコム 管理人
食品偽装ドットコムと連動したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。