--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ニュースブログへ

2010-01-13(Wed)

サカガミ、北室白扇 中国産そば粉に「秘境祖谷谷産」と虚偽表示

珍しく産経が早い。IZAより引用

中国産そば粉に「秘境祖谷谷産」と虚偽
2010/01/13 18:27
 関東農政局は13日、中国産そば粉を使用した乾めんの袋に「秘境祖谷谷(いやだに)産そば粉」と虚偽の表示をして販売したとして、食料品販売サカガミ(東京都豊島区)に、日本農林規格(JAS)法に基づく是正を指示した。

 徳島県も同日、サカガミに乾めんを販売した製めん業、北室白扇(きたむろはくせん)(同県つるぎ町)に、JAS法に基づく是正を指示した。

 農政局によると、サカガミは「手のべ祖谷そば」の商品名で、平成14年11月から東京都内の直営6店舗で販売を開始。20年9月から昨年8月までに、300グラム入り約5800袋を販売した。

 祖谷は、そばが名産の徳島県の地名。サカガミは、虚偽表示を認めた上で「国産のそば粉だと思っていた。中国産が使われていたとは知らなかった」と説明している。



まず基本データ。
サカガミは首都圏を中心に展開するスーパーマーケットチェーン→URL
しかし今のところなんらメッセージは出されていない(2009/1/1319:00)
関東農政局による行政処分のリリースはこちら

北室白扇。半田そうめんの産地の業者。→URL
同様に、今のところなんらメッセージは出されていない(2009/1/1319:00)
徳島県のよる行政処分のリリースはこちら

さて産経izaの記事によると、「国産のそば粉だと思っていた。中国産が使われていたとは知らなかった」との事だけど、本当にそうなんだろうか?というのは、上記の徳島県のリリースの中にある「措置の内容」を見てほしい。pdfに直接リンク貼るの好きじゃないからごめんけどこちらで開いてほしい。

PDFの文言を一部抜粋すると

この結果、徳島県は、北室白扇が次の行為を行っていたことを確認しました。
① サカガミから製造を受託し、自社が製造する乾めん類(干しそば)(商品名:手のべ祖谷そば。300g入り小袋詰め。以下「当該商品」という。)に中国産そば粉を使用したにもかかわらず、サカガミから提供された「秘境祖谷谷産そば粉」と表示された表面ラベル及び裏面紙(以下「ラベル等」という。)を貼付し、サカガミに販売していたこと。



不自然だよな。

表示ラベルを作成したのはサカガミであり、サカガミがラベルに「祖谷谷産」と記載する必然性は2つしか方法はありえない。

1)正しく産地の伝達がなされた(サカガミは、被害者というニュアンスが高まる)
2)意図して産地表示を行った(サカガミは、首謀者といえる)

サカガミの「国産のそば粉だと思っていた」という弁明は、ようするに1)であると示唆しているのだろう。
しかし、行政は2)であると判断したわけだ。

かつてのJAS法であれば、同様のケースでは表示責任者であるサカガミだけが重い「指示」処分となり、北室白扇は社名が公表されない「指導」や「厳重注意」とされただろう。

昨今の偽装で、ニコイチの発表が多いのはそのせい。
にほんブログ村 ニュースブログへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

のうのうと

北室白扇はHPリニューアルでのうのうと営業中。
プロフィール

食品偽装ドットコム 管理人

Author:食品偽装ドットコム 管理人
食品偽装ドットコムと連動したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。