--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ニュースブログへ

2009-11-19(Thu)

中温 タケノコ不適正表示 県が是正指示

またタケノコ。
社名は「ちゅうおん」と読むようだ。

こうゆーのってやっぱり地元紙がわかりやすい。愛媛新聞社の記事を引用

松山の業者がタケノコ不適正表示 県が是正指示

 県は18日、中国産の原料などが混入したタケノコ水煮製品を「国産」や「愛媛産」と産地を不適正に表示して製造・販売したとして、日本農林規格(JAS)法に基づき、松山市小栗1丁目の食品加工会社「中温」(大沢邦夫社長)に対し、表示是正を指示した。
 県ブランド戦略課によると、同社は2008年4月~09年2月までの間に、「国産」「愛媛産」と表示して出荷したタケノコ水煮の袋詰め製品約573トンの原料に、中国産約22トンのほか産地が確認できない原料を使用。うち約325トンを一般消費者に販売した。
 仕入れ伝票などで産地が確認できない原料が770トンに上るなど在庫管理がずさんで、不適正に表示された製品は県内と2都府の食品販売業者5社に卸された。中温からの出荷価格は国産100グラムが82円に対して、中国産は同50円と大きな差があるという。
 県は「産地の確認を怠ったのは食品製造業者としてあってはならず、悪質」とし、同社の全製品の表示点検▽不適正表示の原因究明▽再発防止に向けた社内体制整備―を指示、12月18日までの報告を求めた。
 大沢社長によると、07年5月にも県からタケノコ水煮製品の表示是正を指導されていたという。同社長は「在庫管理が不十分で、中国産などが混じってしまった。消費者の信頼を裏切り、深く反省しおわびする」と陳謝、在庫管理担当の品質管理者を設置するなど再発防止に努めるとしている。


社長の弁明は、あたかも「うっかり、過失により混入した」ような表現であるけども、はたしてそうだろうか?
一昨年に「指導」を受けたにもかかわらず、改善されていなかったので社名公表を伴う「指示」となったのは今までのJAS法の対応通り。
記事内容からは詳細を推測するのは限界・・・なので以下は私の勝手な想像。

改善指導を受けたにも関わらず、某大な量のタケノコ水煮の在庫。
担当者、うあーどうしようかなぁと思いながら作業。
    ↓
在庫をうごかしているうちに、ドレがドレだかわかんなくなり・・・どうしよう!
    ↓
ええい、適当でいいや!

もしこの私の想像が当たっているならば、少なくとも「うっかり、過失により混入した」かのような表現は不自然。

中温のホームページは是非ご覧頂きたい。コチラ
社長が写真付きで「安全・安心・健康な商品」について述べてらっしゃる。(笑)

※食品偽装データベースへの追加は、愛媛県のリリース後に行います。
にほんブログ村 ニュースブログへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

中温会社は産地偽装は十年前からずっとやっているよ。上記指摘される数量よりはるかにあるので、おかしいです。
中温の社長より、自分が県農林水産局の担当者とよい関係をもっている。かくまってくれるって自慢している。悪いやつです。

No title

貴重な情報ありがとうございます。管理人は、いつも内部情報欲しがっています。

それにしても、もしそうでしたら、なかなかのワルですなー。

行政機関から「「新連携」事業に認定されました。」とありますが、いやはや、何をかいわんやでしょうね。

問題は、こういう認定事業によって、補助金などが同社に出される事。そして、銀行などに対しいい顔できる事なんです。

もはや「ゴロ」ですな。農政ゴロ、とでも言いますか^^;;
プロフィール

食品偽装ドットコム 管理人

Author:食品偽装ドットコム 管理人
食品偽装ドットコムと連動したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。