--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ニュースブログへ

2009-10-04(Sun)

秋田アンテナショップの比内地鶏親子丼に普通の卵・・・報道側の見識を疑う

スポーツ報知より引用

秋田アンテナショップの比内地鶏親子丼に普通の卵

 秋田県のアンテナショップ内の飲食店で「比内地鶏親子丼」と銘打ったメニューに、特産の比内地鶏の卵を7割しか使用せず、普通の鶏卵を3割混ぜていたことが3日、分かった。

 親子丼は「あきた美彩館」(東京都港区)内の飲食店「ダイニングはな小町」で、今年2月から販売開始。県の「食彩あきた推進室」によると、当初は比内地鶏の卵を100%使用していた。しかし、意外にも食べ残す客が続出。店員が理由を聞いて回ると、残した客の約3割から「味がくどすぎる」との意見が寄せられたたため、卵の割合を替え始めた。比内地鶏と普通の卵の割合を9対1や5対5にするなど、試行錯誤を重ねた結果、7対3がベストとの結論に達したという。ちなみに肉は、比内地鶏だけを使っていた。

 メニューに「日本3大地鶏、本物の比内地鶏と秋田の米をお楽しみください」とのみ記載していたことについて、推進室は「不当表示とまでは言えないが、別の卵の使用を表示していないので誤解を与えた可能性があった」と説明している。

 「―はな小町」は9月8、9両日に、親子丼を食べた客が下痢などの食中毒症状を訴えたため、自主休業中だが、県議会の了承を条件に、早ければ今月中旬にも営業を再開する予定。その場合、親子丼については、比内地鶏の卵100%に戻すつもりという。

 再び「味がくどい」と苦情が寄せられる可能性もあるが、「(付け合わせの)サラダをもっとサッパリさせるなど、おぜん全体(ほかにみそ汁、香の物)で対策を講じていきたい」(推進室)としている。

 ◆アンテナショップ 各道府県が地元の特産品をPR・販売するため、東京や大阪などで展開する店舗。2007年に宮崎県の東国原知事が、東京・新宿の「新宿みやざき館KONNE」で宣伝役を務めた頃から広く認知されるようになった。東京・有楽町の交通会館は北海道など9店が集中するとして知られる。

(2009年10月4日06時02分 スポーツ報知)



この記事の掲載を決めた新聞社の連中の「錯誤」にはちょっと驚いた。

親子丼の卵が普通のものだった、という、それだけ(笑)

・・・痴呆、もとい、報知新聞よ、つまりなんだ?「報道に値する問題」と判断したということね。

どこが問題なのか教えてほしいな。いわゆる「地鶏」について主に対象とされるのは肉についての事であって、その肉が100%比内地鶏であるならば、全く問題はないだろう。仮に卵が100%比内地鶏の卵でなくとも、だ。

過剰反応?否。私はデスクの見識のなさの結果ではないかと思うな。
「いいんじゃない、五輪招致の話題は終わったし、巨人の話題はクライマックスシリーズまでない。記事も少ないし穴埋めにでも使おうか・・なぁ、食品偽装みたいなもんだし」
こんなデスクの意識が現れた結果では?

もっと悪質な食品偽装はたくさんある。この前の札幌の「進風」の件とかね、明らかに悪意を持って行ったであろう食品偽装。なぁ報知よ、その事を記事にした?
にほんブログ村 ニュースブログへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

食品偽装ドットコム 管理人

Author:食品偽装ドットコム 管理人
食品偽装ドットコムと連動したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。