--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ニュースブログへ

2009-09-01(Tue)

消費者庁発足に思う"欺瞞"への懸念 【主張】

消費者庁が発足した。

新しい省庁の誕生。その経緯について多くの疑問があることは詳細を各メディアにゆだねる。一言で言えば、狡猾な官僚たちの所業であると言い切る。

このブログや食品偽装ドットコムで扱う事案は、たいへん密接なつながりがあるので、管理人として自分なりの意見を述べたい。

消費者庁のホームページは既にある。こちら。

ご存じのとおり、消費者に関する法制度が複数の省庁にまたがっている問題を改善するためである。たとえば食品偽装と一言で言っても、JAS法違反は農水省、都道府県の案件は各都道府県庁となるし、優良誤認は公正取引委員会の事案。衛生面(毒物混入など)は厚労省。同時に複数にまたがることもある。とにかく消費者にとって分かりずらいことは確か。

しかし、結論を言えば、「消費者庁」という省庁、実に響きはいいが存在自体が欺瞞に満ちていないだろうか?

ロリポップ 最大容量2GBに。リニューアル情報→詳細


消費者のための省庁。では、今まで各省庁は何のためにやってきたのだろう?各省庁は「消費者のために十分な機能を発揮していませんでした」と言っているに等しい。ならば、まず行うべきは各省庁で調整し、改善・見直し行うための相互努力であるはず。相互努力をやったものの、どうしても解決するには新しい省庁が必要だ、という流れであるなら、理解はできる。

民主党政権となり、官僚たちが窮屈な思いをするのは今後避けられないことであり、新しい仕事場を作るための格好の口実として利用されたにすぎない・・・こういうのを欺瞞と言わずして何だろう?
にほんブログ村 ニュースブログへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

食品偽装ドットコム 管理人

Author:食品偽装ドットコム 管理人
食品偽装ドットコムと連動したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。