--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-29(Thu)

「ダイシメ海老子商店」「山一食品」「鈴木養蜂園(鈴木伸行)」を追加(2010年7月29日)

2010年07月29日、食品偽装データベース
「ダイシメ海老子商店」「山一食品」(するめいか)の追加。「鈴木養蜂園(鈴木伸行)」(はちみつ)を追加。
スポンサーサイト
2010-03-26(Fri)

「スーパー安藤」を追加(2010年03月25日)

2010年03月25日、食品偽装データベースへ
「スーパー安藤」を追加。
2009-08-13(Thu)

川上海商 アサリ密輸:容疑で水産会社社長ら4人逮捕 熊本県警

アサリの商社、川上海商の役員ら逮捕の記事。
毎日新聞がくわしい

アサリ密輸:容疑で水産会社社長ら4人逮捕 熊本県警

 税関の許可を得ずにアサリを輸入したとして、熊本県警は12日、水産卸売会社「川上海商」(熊本市海路口町)社長、川上鉄弥容疑者(71)ら4人を関税法違反容疑で逮捕した。県警によると、川上容疑者は「私が指示した」と話し、3人が容疑を認めているが、同社役員の川上昌史容疑者(43)は「その件は知らなかった」と否認しているという。

 逮捕容疑は、昨年11月4日と6日ごろ、中国から輸入したアサリ計8トンについて税関で貝毒検査などをする際、許可が出る前に販売したとしている。県警は今年3月に関係先数十カ所を家宅捜索し、仕入れ伝票などを押収していた。

 川上海商は、輸入アサリを三十数社に販売。中国産アサリを熊本産と表示し販売したとして、今年6月に不正競争防止法違反容疑で摘発された千葉県富津市の「山湯」にも販売していた。熊本県警は、川上容疑者らも虚偽表示をしていた疑いがあるとみて、捜査を進める。【遠山和宏】



 今回の事件は、食品偽装とは直接関係ない話。関税法違反による逮捕。だが、千葉の富津の業者「山湯」に販売していたということで、たいへん関連性がある。「山湯」に言及していたのは確認する限り毎日の記事だけであった。

 さてアサリの輸入時に何故、貝毒検査をしなければならないのだろう。なんとなく疑問。だって貝毒というのはご存じのとおり、季節によって二枚貝が持つ毒性のことである。天然で採取した貝はみんな注意しようね・・・その程度の認識。・・・なんて、みんな知ってるか。

 調べてみると、かつて中国からの輸入アサリに貝毒が見つかってから、検査をするようになったとか。だけど別に中国に限らず、貝毒は季節によって、日本でも、世界どこでもある話なんじゃない?この辺がよくわかってない私・・・

ロリポップ 最大容量2GBに。リニューアル情報→詳細


 それよりもこの記事は、もしかすると「山湯」つながりでいもづる式に出てきた話なのかもしれない。本当の筋書きは不適正表示の摘発であって、捜査の口実に関税法を使ったとか。毎日の記事は最後に「捜査を進める」とあるので示唆しているようにも感じるのだが。

 くまにちコムではこのように記載されている。(抜粋)

 同社は2002年12月に法人化。06年の売上高は約12億円。05年9月、北朝鮮産アサリを有明海産と偽って販売したとして、JAS法に基づき県から不適正表示の是正指示を受けている。


 ずっと前からやってたんだね・・・
 拙サイト「食品偽装ドットコム」の「食品偽装データベース」には、当時の行政処分について記載がなかった^^;;・・・追加したいのだけど、当時の発表内容がわからないため、追加はしないことにする。
2009-07-24(Fri)

「ハイマート」を追加(2009年07月24日)

2009年07月24日、食品偽装データベース
「ハイマート」を追加。

ロリポップ 最大容量2GBに。リニューアル情報→詳細
2009-03-04(Wed)

タケノコ偽装で改善指示 福岡県

タケノコ偽装で改善指示 福岡県
iza!より
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/227787/

 福岡県は3日、中国産を混ぜたタケノコの水煮を福岡県産と表示して販売したとして、福岡県立花町の食品加工会社「エヌケイフーズ」(中尾正代表取締役)に対し、日本農林規格(JAS)法に基づき改善指示した。

 県によると、同社は平成20年2月から12月の間、タケノコの水煮などに中国産を少なくとも281トン混入させ、福岡県産と表示、ビニール包装に詰めて計661トン販売した。主な出荷先は関東、関西地方。同社は「国産の注文が多くなり、原料が足りずにやった」と認めているという。


一方、地元西日本新聞では
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/80854

 家庭用の商品名は「たけのこ水煮ホール」など。袋には「生産者代表」として中尾正社長の顔写真も印刷していた。偽装は、社長の実子である中尾和正取締役が主導して指示していたという。

 同課によると、和正取締役は調査に対し「取引先から国産の注文が増えたが原料が足りず、中国産を使った」と事実関係を認めているという。

 昨年12月、農水省関東農政局に匿名の投書があり、連絡を受けた福岡県が調べていた。

=2009/03/04付 西日本新聞朝刊=


とある。組織ぐるみであったことはどうやら確実なようだ。
それにしても・・・「匿名の投書」とはコワイものだ。
プロフィール

食品偽装ドットコム 管理人

Author:食品偽装ドットコム 管理人
食品偽装ドットコムと連動したブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。